なかなか治らない腰の痛みは原因を調べよう|腰痛は種類がある

病棟

早期発見が重要

看護師

女性の中で多いのは乳がんと子宮体がんです。乳がんの原因といわれるものの中には、エストロゲンという女性ホルモンも大きく関係してきますが、アルコールや動物性脂肪、喫煙などの生活習慣を改善することも重要です。また、早期発見、早期治療が重要です。

もっと読む

T細胞の働きを促す治療

病院

体内でT細胞がしっかりと働いていれば、がん細胞は撃退されます。そしてこのT細胞を活性化させる治療が、樹状細胞療法です。具体的には、患者の血液から抽出した単球を、がん細胞の溶液を加えつつ樹状細胞として培養し、患者に注入するのです。この樹状細胞を見てT細胞は、がん細胞を的確に攻撃するようになるわけです。

もっと読む

肺に発症するがんの治療

女性

肺に生じる悪性腫瘍の中でも大半を占める肺がんには、小細胞肺がんと非小細胞肺がんの2種類があります。進行の早い前者は抗がん剤や放射線治療が効きやすいのが特徴です。進行の遅い後者のうち、早期段階なら手術で腫瘍を摘出することで完治も可能です。現在では胸腔鏡とモニターを使用して手術の負担も軽減されています。

もっと読む

腰の痛みを治しましょう

女性

腰が痛いと思ったら、まずはマッサージや市販の湿布などを試すでしょう。騙し騙しマッサージなどをしても、なかなか治らないという方も多いです。あまりに治らない場合は、病院を受診してみましょう。まずは整形外科を受診し検査すると、原因が何か特定出来ます。腰痛の原因はいくつかあります。骨や内臓などに異常がなければ、腰痛症という診断となります。腰痛で病院を受診する人の9割がこの腰痛症です。ぎっくり腰も広い意味で腰痛症に含まれます。これが悪化すると椎間板ヘルニアや脊椎分離症などの病気になります。病気になる前の段階で適切な治療を受けることが大切ですので、たかが腰の痛みと思わず、症状が続くようでしたら病院に行ってみてください。

他にも、内臓の病気から腰が痛くなる場合もあります。腰に近い臓器に異常があったり、内臓が肥大化して腰を圧迫したりすることで、腰痛を発症するのです。中にはがんの可能性もありますので、注意が必要です。激痛である、どんな姿勢でも痛みが楽にならない、症状が酷くなってきたなどの症状は、内因性の可能性が高いです。この場合は内科での治療となります。また、心因性の腰痛もあります。ストレスにより自律神経が影響を受けることで血行が悪くなり、筋肉の緊張状態が続くことで腰が痛むのです。他に原因がなく、不安やイライラがあるときに痛みを感じる場合、心因性と考えられます。整形外科とあわせ、心療内科や精神科での治療も行うことが推奨されます。病院もうまく活用し、辛い腰痛から解放されましょう。