なかなか治らない腰の痛みは原因を調べよう|腰痛は種類がある

看護士

T細胞の働きを促す治療

病院

樹状細胞とT細胞

健康な人の体内には、多くの免疫細胞があり、それによって体に害をなすものは排除されます。たとえば体に侵入したウイルスや細菌などですが、体内で誕生したがん細胞も、そのターゲットとなります。つまり免疫細胞がしっかりと働いていれば、それだけがん細胞が撃退されやすくなるということです。このことに着目しておこなわれている治療が、樹状細胞療法です。樹状細胞療法とは、免疫細胞の中でも特にがん細胞をうまく攻撃できるT細胞を活性化させる治療です。がん細胞が誕生すると、体ではまずは樹状細胞が、その情報をキャッチします。そして樹状細胞の状態を見て、T細胞が活動を開始するようになるのです。樹状細胞療法では、樹状細胞に人為的にがん細胞の情報が与えられます。多くの樹状細胞が、がん細胞の情報をキャッチした状態になるので、そのためT細胞がよりしっかりと働くようになるわけです。

具体的な治療方法

樹状細胞は、血液中の単球から作られています。そのため樹状細胞療法では、まずは患者から血液が採取され、その血液から単球が抽出されます。その単球を培養することで、多くの樹状細胞が作られることになるのです。さらに樹状細胞療法では、患者からがん細胞も採取されます。そしてこのがん細胞を溶かし、その一部を単球に与えつつ、培養が進められます。これにより誕生した樹状細胞は、最初からがん細胞の情報をキャッチしている状態となります。そしてこれを患者に注入することで、患者の体内ではT細胞がさかんにがん細胞を攻撃するようになるわけです。樹状細胞療法では、通常はこの樹状細胞の培養と注入とが、2週間おきに5〜6回おこなわれます。つまり2週間に1回通院すれば済むので、その手軽さからも樹状細胞療法は注目されています。