なかなか治らない腰の痛みは原因を調べよう|腰痛は種類がある

看護士

早期発見が重要

看護師

原因はどこから

女性がかかるがんの中で最も多いといわれているのは、乳がんです。女性のがんには、女性ホルモンと密接な関係があります。女性ホルモンの一種で、エストロゲンと呼ばれるものがありますが、女性特有の乳がんや子宮体がんの発生のリスクに大きく関っているとされています。特に、初潮の早い人、閉経の遅い人、出産経験のない人は特に注意が必要です。女性ホルモンの影響はいくら注意しても避けて通ることが出来ませんが、普段の生活を見直すことで、少しでもがんに罹る危険を減らすことは出来ます。たとえば、アルコールや動物性の脂肪の影響です。乳がんの発症リスクが高くなるということが分かっています。また、喫煙も乳がんといわず全身のがんに対するリスクが高くなります。

検診は2年に一度

乳がんは、早期発見することで今後の治療方法も変わってきます。女性なら、乳房をすべて切除してしまうことはとても悲しいことです。そうなる前の検診がとても重要となってきます。入浴前に、自分の乳房をよく観察してください。乳房の中に出来る腫瘍が、皮膚近くである場合には引きつれが出来てえくぼのようなものが出来たり、乳輪や乳頭部分湿疹のようなものが出来たりと、ちょっとした変化に気づくはずです。そして、全体をやさしく触り、しこりのようなものが触れないか確かめてみることです。もし、変だと思ったらためらわずに、専門の医師を受診してください。しこりといっても、良性のものもありますので、くよくよ悩まず、まずは受診してみることです。早期の発見で、早期の治療これが重要なことなのです。